オーストラリアで開かれるグランプリの種類

オーストラリアで開かれるグランプリには、オーストラリアgpという自動車レースが有名です。これは世界のf1レーサーの強豪たちが集結して行われているレースで、1985年以降においてのf1での世界選手権の戦いのひとつです。またアデレード市街地コースにおいて1985年から1995年までは行われていましたが、1996年からは場所を移してメルボルンにあるアルバート・パーク・サーキットで行われています。会場は美しい緑が豊かな公園内に特設コースが設けられていて、多くの観光客が訪れて国を盛り上げる車のイベントとなっています。ここではイギリスからの移住者が多く、そのためイギリス色のあるローカルレースが、いろいろなサーキットでも開催されていたというお国柄ですので、オーストラリア開催のグランプリとして、地元民に昔から根付いているのです。

オーストラリアのグランプリはアルバート・パーク・サーキット

オーストラリアでのグランプリの会場であるアルバート・パーク・サーキットは1996年設立で、5303mの長さのコースを時計回りに58周回ることになっています。ここはモナコのgpが開催される街中とは違い公園の中での開催ですので、半公道であるサーキットです。コースの形は人口の湖を周回する形の公道と、駐車場の一部が使われています。年に一度開催されるオーストラリアのグランプリのために使用されているコースなので、頻繁にレースが開催されるようなサーキット場ではありません。そのため久しぶりの開催となると、路面が砂利やホコリでかなり汚れているので本番へのメンテナンスが近づくと、日によって練習走行での車の走り具合にも幾分差が出てきます。当日になってみなければマシンと路面との相性がわかりにくいのもこのサーキットの特徴です。

オーストラリアのグランプリはファンと近い

オーストラリアのグランプリでは競争以外の楽しみも多いです。レーサーとファンとの距離がとても近いとされているオーストラリアでのf1開催だからこそ、会場にいる皆が一体となって、楽しむことができるイベントになっています。フリー走行が始まる前には多くのイベントが行われることになり、そこでは本線でしのぎを削るドライバー達もリラックスした楽しい雰囲気の中、ファンとの交流があります。最初に行われるのがピットウォークで、今季初となるマシンのお披露目などの場になり、ここでも多くの人々が興味津々の興奮で賑わっています。お気に入りのスタッフやチームの雰囲気を知ることもできて、この大会での仕上がり具合が事前に伝わり、ファンにはかけがえのないコアな時間です。このように本番とは違った開放的な楽しい雰囲気で楽しめるのもオーストラリアのグランプリの特徴です。

将来的に、他のスポーツコンテンツも取り扱った観光ツアーも手配してまいります。 F1レースごとに、お客様の好きなスタンド席の観戦券を手配いたしますので、存分にレースが堪能出来ます。 開催レースにも価格差の大小はありますが、平均して約2万円~5万円も安くツアーをご手配いたします。 ツアー価格は競合と比較しても最安値クラス、金額には自信があります。 オーストラリアグランプリの詳しい詳細は随時更新中です