オーストラリアのグランプリを探す方法を教えます

オーストラリアで行われるグランプリにはオーストラリアGPというものがあります。1985年以降、F1世界選手権の一線になっているレースです。首都のメルボルンで行われるこちらのグランプリは、半公道のサーキットとなっていて人気がある一戦の一つです。サーキット名はアルバート・パーク・サーキットと言い1996年に設立されました。コースの全長は5303メートルで、全部で58周を時計回りで走るコースとなっています。コーナーは全部で16か所あり、そちらの観客席は人気がある席の一つとなっています。こちらのグランプリに参加するためのツアーが旅行会社でも組まれているので興味があればだれでも申し込むことができます。人気があるレースの一つですので行きたい要望があるのであれば早めの申し込みが必須です。

オーストラリアで行われるグランプリの魅力とは

毎年オーストラリアで行われるこちらのグランプリには、たくさんのF1ファンが詰めかけます。そこまで人気が高い理由の一つとしては、オーガナイザーによる素晴らしいファンサービスにあるといわれているほどです。オーストラリアGPのオーガナイザーは、AUGP社です。こちらの会社はF1のファン層を4段階に分けています。段階ごとに好まれる趣向のサービスを行っていてファンの満足度を上げるように努めています。サービスはその段階によって喜ばれるものがあまりに違うためそれに目を付けてサービス内容を変えるようにしたわけです。ファンは自分に合わせたサービスが受けられるので居心地よくレースを鑑賞することができます。それによってリピーターが増え、また来たいと感じる方たちでいつもいっぱいのグランプリとなるわけです。

オーストラリアのグランプリで分けられている4つのファン層

オーストラリアで行われるグランプリに来るファン層は大きく4つに分かれています。本当にモータースポーツが大好きなコアなファンをはじめ、子どもが見ることを喜ぶ家族連れ、イベントなどが大好きで盛り上がる大会ならぜひ行ってみたいという考えの方、リッチな気分で観戦を楽しみたい方の4パターンになります。それぞれに求められるサービス内容は変わってきます。例えばモータースポーツが本当に大好きな真のレースファンには、ドライバーのサイン会に参加できる権利などがある曜日をイベントに選ぶようにしています。またステージイベントなどを行うことでドライバーやチームの方と触れ合うことができます。家族連れのゾーンではキッズスペースを作り、自動車レースということで他の人気キャラクターとコラボレーションするというパターンも考えられています。