工場の仕事は、アルバイト、派遣社員、契約社員という雇用形態が多い仕事です。実際に工場で働いてみると、正社員の人は主任などのように、管理をする人だけということもよくあります。正社員を雇うことにはコストがかかるので、工場現場での単純な仕事はアルバイトや派遣社員にほぼ任せているという会社が多いのです。アルバイトや派遣社員の人は、契約期間が定められており、その期間が終わったら基本的には終了となります。例えば、3ヶ月の契約を結んでいたとしたら、3ヶ月が経過した後も契約が更新されることはよくありますが、それでもいずれは契約が終了となり、失業をしてしまいます。ずっと雇い続けるつもりなら、最初から正社員を雇っているでしょう。しかし、中には長く続けられるような求人もあります。

工場で長く続けられる求人はどんなもの?

工場の求人でも、長く続けることを前提で募集しているものがあります。例えば、「1年以上働ける方を希望」というようなことが求人に書いてある場合です。また、若い人を雇って長期的に育て上げることを目的としている求人なども、長く働くことを前提としている求人であると言えます。雇用形態が正社員となっている求人なら、定年まで働くことが予定されています。こういった求人は、やはり中小企業で多いです。中小企業では、ある意味で大手メーカーよりも働くことの難易度が高いです。なぜなら、中小企業では人数が少ないため、人と人とのつながりが強いからです。人間関係が重要になるので、ストレスも溜まりやすいかもしれません。仕事が終わった後や休日にも一緒に遊びに行ったりお酒を飲んだりして、交流を深めるようにしておくことが、長く続けられるコツです。

大手メーカーでも長く続けられることがある

大手メーカーでは、忙しい時期に派遣社員やアルバイトを大量募集して、忙しい時期が終わったら大量に契約を終了させるという方法がとられています。契約期間は1ヶ月~6ヶ月程度の短期となっていることが多いでしょう。忙しい時期が終わったら契約の更新をせず、大量に人員を削ることになりますが、それでも残る人はいます。能力を認められた人や、会社が欲しいと思った人材は、忙しい時期が終わっても、契約を更新されて、長く働き続けることができます。狭き門となっていますが、正社員に登用される人もいます。大手メーカーでも正社員になれたり、派遣社員や契約社員として2年、3年と契約が更新され続けて、給料もアップしていく人もいます。長く続けたい人は、特にがんばっておくようにしましょう。